鉄道模型を楽しむための概要

鉄道模型

プラモデルやフィギュアなど模型を作ったりシチュエーションを考えて飾りつけるなどして楽しむジャンルはいろいろありますが、 特にスケールが大きく世界中で愛好家がいるのが鉄道模型です。
概要は実物の鉄道車両を縮小して、より本物を再現した小さな模型のことです。
しかしなによりも鉄道模型の最大の特徴は、その模型を走らせることができる専用の金属製のレールがあるということでしょう。

テスト

また鉄道模型自体もただ姿形を模したものではなくて、実物の車両のようにライトの点灯が出来たり、 車両内も細かく再現されていて車内灯や方向幕といったものまで忠実に再現されています。
車両のクオリティの高さも特徴ですが、鉄道模型の楽しみ方は車両をただ単に走らせることだけではありません。 線路には駅が必要ですし、現実世界と同じように町を再現するジオラマを作ること楽しみの一つです。
鉄道模型 ジオラマ
何台もの車両を一度に走らせて楽しむこともできますし、 ジオラマの場合はそれこそ一辺が何メートルもある大作を作る人も少なくありません。 小さいものから大きなものまで自分だけの鉄道の世界を作ることができるのも鉄道模型が奥が深いところといえますし、 年代に関係なく没頭できる趣味でもあるのです。

踏切

鉄道模型の歴史について

電車

鉄道模型とは、決まった縮尺や軌間による鉄道の車両・線路を模型にし、周りの情景も含めた物を言います。
鉄道模型の歴史は、19世紀初頭のイングランドにおいて実際の鉄道の宣伝用に作られたのが始まりです。
1898年にバセット・ロークがおもちゃのようなスケールを無視した製品とは一線を画す、 実際の鉄道のスケールに忠実に作られた模型を販売し始め好評を博します。

テスト

また、同時期にバセット・ロークが下請けとして使っていたドイツのビング社が蒸気機関車とその線路を発売しています。
日本でも同じ頃に蒸気機関車の鉄道模型を作って披露したという記録はありますが、 一般市民の間に広がったのはもう少し先になります。
当初はアメリカやドイツからの輸入品が中心でしたが、朝日屋や関電機、 カワイモデルなどが国産の鉄道模型の製作に乗り出しました。 カワイモデルは現在でも営業し、現存している日本最古の模型メーカーです。 しかしまだ模型は高級品で、一部の富裕層だけの趣味に留まっていました。
本格的に普及し始めたのは第二次世界大戦後で、 日本に駐留していたアメリカ将校が高価な模型を購入する事で模型店が活性化し、 後にNゲージのヒットにより鉄道模型のファンが多く誕生しました。

電車

鉄道模型の軌間について

鉄道

鉄道模型と言うのは日本は勿論世界でも多くの愛好家が存在している趣味の一つです。

テスト

実際の車両等にそっくりに作られたミニチュアモデルを使って、 自宅などに自分だけのジオラマを作るのが楽しみ方の基本であると言えます。
この様な趣味は日本独特なものではなく、海外においても海を越えて鉄道を愛する男の気持ちが広がっている現実があります。

この様な鉄道模型には、いわゆる世界の標準規格と言うものはありません。
そのため、現在のところはそれぞれのメーカーが独自のスケールで鉄道模型を製造していますので 縮尺についてもメーカーごとに違うということが珍しくないのです。 日本においてはNゲージと呼ばれる規格が最も一般的です。
およそ150分の1のスケールで作られたこの鉄道模型の軌間はおよそ9mmとなっています。
海外製品の中にも日本のNゲージと同じ9mmの軌間を採用している鉄道模型があるのですが、 同じサイズであれば実際にジオラマの中を走らせることができます。
中々その様な偶然に出会いのは難しいのですが、数多くの模型の中にはその様な条件を満たしたものもあるのです。
この様な情報は愛好家同士で情報交換をしていくのも楽しみ方の一つであると言えます。

リニアモーターカー