鉄道模型のゲージについて

人々

"鉄道模型で良く耳にするゲージとは軌間(きかん)の意味で、鉄道のレールの左右の間隔の事です。
鉄道模型のスケールは国と地域によって似た大きさと言われていますが、 厳密に測ると差異があるので、海外製の規格と軌間は調べてから購入しましょう。

鉄道模型の軌間は基本的に実物の標準軌である1435mmを縮小した物を規格としています。
実物の狭軌鉄道を模型化したタイプが主流で、広軌鉄道を模型化したタイプは少数派です。
日本の鉄道模型人気に貢献したのが、軌間9mm・縮尺1/148-1/160のNゲージです。
日本で最も普及している軌間であり、直流2線式の仕組みで動く電動模型が最もポピュラーです。
小型であるため場所を取らずにすみ、欧米とは違う日本の住宅事情に適していたのが流行の一因とされています。
狭いスペースにもきちんと収まり、周囲の景観を整えるレイアウトにも丁度いいサイズです。
また、Nゲージは人気となったため大量生産で単価が下がり購入しやすく、 ガイドブックやレイアウト集の充実により、初心者が最初に手にしやすい環境が整っています。
鉄道を運転させて楽しむ事はもちろん、車両収集やジオラマによるレイアウトを行うなど、多様な楽しみ方が出来ます。