鉄道模型のスケールで多いのは

鉄道模型のスケールと言えば日本で一番普及しているのが150分の1スケールになります。
これはNゲージと呼ばれているのですが、日本の住宅事情には一番いい大きさであり、 さらに精巧さも再現しやすいぎりぎりの大きさでもあるのです。
これ以上小さくなりますと再現がしにくくなります。
ちなみに日本では87分の1スケールのことをHOと言います。
こちらはNゲージに比べて大きいのが特徴ですが、大きいからこそのダイナミックさを楽しめるのがいいところです。
鉄道模型の内装などもかなり細かくなります。

ただ大きいからこそ結構場所を取りますしジオラマを作る場合にはかなりのスペースが必要になるのです。
もしも鉄道模型を楽しみたいと思うのでしたらまずは自分はどのような縮尺のものを選びたいのかを考えるのがいいでしょう。
色々な縮尺のものを買うのもいいのですが、あまり種類が多いと同時に走らせられません。
バラバラよりも統一させた方がいいでしょう。 比較的広い区間を再現したいならNゲージがおすすめです。
ちなみに同じ縮尺であってもHOの場合は多少の縮尺の差がありますので気を付けてください。
どこの会社のものなのか、厳密な縮尺を知ることが大事です。