趣味を超える鉄道模型の購入額に

お金の上に立つ人

鉄道模型は素晴らしい趣味の一つですが規模によってはかなりお金の掛かる趣味でもあります。
レール幅約9mm縮尺150分の1のNゲージの入門セットやレールセットとパワーパックが基本的には最も高価ですが
車両セットも数千円から2万円近くとなり、ここにジオラマ、レイアウト用品、 工具類などを重ねるときれいに始めようと思うだけでもなかなかの金額となります。
線路を延ばすのに実際に莫大なコストが掛かるように鉄道模型の世界でもレールに占める割合は高く、 この辺りに折り合いをつける必要があります。

更にこれより大きいスケールの縮尺87分の1のHOゲージ製品では車両が真鍮製のものも多く
車両セットが数万円から十数万円を超えるものも存在し、充実したゲージライフを送るには頭の痛い問題です。
この購入額に目をつけた驚くべきサービスが「鉄道模型ローン」で、 趣味の域を超えた金額最大500万円まで資金提供してくれるそうです。
年利は今の所最大で11%となっていますが、 売切れてしまう前に購入したいモデルがある時など最後の手段としては充分利用価値があるのではないでしょうか。
これに関しての注意は「使い道の分る資料が必要」と「最低6回以上の返済」ということで
正式な商品名はリザーブドプランプラスです。
しかし使えるといってもやはり趣味なので基本はコツコツと行うことが正しい姿勢だと思います。